京都ハンナリーズvs琉球ゴールデンキングス(12月22日:日)

Bリーグ観戦記

76ー97で敗戦 12連敗

前半はよかったんです。同点で折り返していますから。

またしても後半で、今日は3Qで突き放されてしまいました。

これで12連敗。ひとりひとりの力がないわけではないですが、いまだ歯車が噛み合わない状況が続いています。連敗でチームのムードが悪くなり、連敗が連敗を呼ぶ展開になっています。

こんな状況で明るく楽しくプレーするのは難しいとは思うのですが、明るく楽しくバスケを!積極的にプレーをし続けて欲しいものです。

ディフェンスに課題があるのは明らか

昨日の99失点から今日は97失点。何も状況は変わりませんでした。

トップの位置でのスクリーンをかけられた時にスクリーンをかける選手を守る選手がついていかないことがあってそれが気になった。そのままボール持ってる相手選手がスクリーンを使ってフリーになってシュートやそこから外に捌いてフリーでスリーを許すなど、まずは簡単にフリーで相手に打たせないようにディフェンスを修正して欲しいです。もうほぼ忘れてきていますが、bjリーグ時代は京都ハンナリーズといえば、最高勝率の常勝軍団。何がすごかったというとディフェンスだったんですよね。炎さんは、そのあたりのノウハウはあるはずだし、ディフェンスが大事だってことはわかってはいると思うんですけどね。一朝一夕で修正できるものではないのかと思います。

今シーズンはプレイオフとか言ってられない、まずは残留を

正直今の状態ではプレイオフ目指すとかいったら現実味が全くない。個の力は十分戦えるだけのものはあるので、なんとかディフェンスを改善して欲しい。こういう暗いムードの時こそ選手には明るく、楽しくプレーしてくれることを期待している。

コメント