コービーブライアントの事故死が信じられず、信じたくない

雑記

今朝、起きたら衝撃的なニュースが。

レイカーズのレジェンドであるコービブライアントがヘリコプターの墜落事故で亡くなられたとのニュース。

まずはツイッターで英語版のニュースで見たんだけど、自分の和訳が間違ってくれと思ったけど、日本のテレビでも取り上げられて、本当なんだと実感してきた。

コービーといえば、今はレブロンやカリーが全盛の時代だけど、その前の時代のスーパースター。神様マイケルジョーダンに最も近いのは、コービーだと思う。

本当にそれだけ大きな存在。

41歳という若さだったとのことだけど、こんな歳で死んでいい人じゃない。

まだまだやることがあった。

本当に残念でならない。

コービーで思い出すのは、後ろに飛んでシュートするフェイダーウェイシュート。めちゃくちゃきれいで型にはまったときは必ず決まる印象があった。

所作のひとつひとつが本当にかっこよかった。

現役最終戦、ユタジャズ相手に60点とって有終の美を飾ったことも彼がいかにスーパースターであるかを示している。

自分が生まれてきて、ここまで人の死で驚いたことはなかった。

びっくりしすぎて本当混乱している。

ただただ、ご冥福をお祈りしたい。

素晴らしいプレーを、勝利への熱い情熱を見せてくれてありがとう。

こーび

コメント