現役日本人BリーガーでNBAや海外リーグでも通用するのは誰か、ランキングをつけてみた

Bリーグ

コロナウィルスの影響で大好きなBリーグの試合が延期となり、人生の張り合いがめちゃくちゃ減ってきて寂しいかぎりのりょうゆうです。

いや〜、つまらん!

NBA見てるんだけど、やっぱり日本のバスケも見たい今日この頃。

試合の感想もしばらくだせそうにないので、勝手にですが、わたしが考える現役のBリーガーの中で海外リーグでも通用しそうな可能性ランキングトップ3をつけてみました。

本当、あくまで主観です。

個人的な感情がごりごりに入りますので、ご容赦いただき、受け流してください。

スタッツは2020年2月末時点のものです。

それではいってみます。

第1位 松井啓十郎(京都ハンナリーズ)

いきなり1位からいっちゃいます。

1位は京都が誇るスリーポイントシューターKJこと松井啓十郎選手です。

はい、ハンナリーズブースターのわたくし、ごりごりに私情をはさんでます。

でもでも

われらがKJですが、スタッツすごいんです。

平均得点12.5点

スリーポイント 47.1%(191本打って90本入る)

FG 48.9%

フリースロー 94.9%

今シーズン、シーホース三河から京都ハンナリーズに移ってきたKJですが、京都のブースターは全員こう思っているはず

どうして、三河はKJをもっとつかわなかったんだーーーーーーーーーーーー

とてつもないシュートのうまさです。

スリー200本近く打って、確率ほぼ5割とか、本当すごい

スリーも入る。ツーももちろん入る。そして、フリースローは当たり前のように入る。

正直、元日本代表。

スリーポイントの名手ということはわかっていましたが、ここまでいい選手だとは思っていませんでした。昨シーズンスリーポイントシューターとしての才能を一気に開花させた晴山ケビンが千葉にいってしまったハンナリーズ。代わりに入ってきたKJには、年齢も若くないし、少しでも晴山くんの穴が埋まればいいなくらいに考えていたのですが、穴を埋めてあまりあるほどの活躍ぶり。

KJなくして、今シーズンのハンナリーズは語れません。

プレー的にはやっぱりスリーポイントが入るので注目なのですが、スリーをチェックされた場合にワンドリして中に入り込み、ゴール方向に飛びながら打つミドルの正確性も高いので、つぼにハマれば止めようがない状態になります。

あと、よくNBAの解説とかも任されるKJ。バスケをする公認会計士かつ経営者こと岡田優介選手とのスリーポインターコンビはバスケ界随一の発信力を誇ります。ハンナリーズ自体の人気は局所的ではありますが、KJ・岡田コンビでハンナリーズを人気球団に導いていただきたいものです。

第2位 金丸晃輔(シーホース三河)

続いて、正直わたしがハンナリーズブースターでなかったら1位だったかもしれない、多分バスケより釣りが好きな金丸選手です。

今シーズンは、ユーロステップが使える重戦車ことダバンテガードナーという化物のような得点マシーンが三河に加入した影響で若干平均得点が金丸選手にしては物足りない部分もありますが、スタッツを見ると立派です。

平均得点 13.5点

スリーポイント 41.8%

FG 49.1%

フリースロー 97.2%

スリー確率が4割越えかつミドルも入る。

フリースローに関しては、外す気全くしないでしょうね。

日本代表に最近久々に招集された金丸選手。期待どおりの活躍をされていました。

序列で言うと、比江島選手や田中大貴選手、辻選手に遅れをとっていたのですが、実際なんで金丸選手がしばらく日本代表に招集されていなかったのか、本当に謎でした。

多分日本人選手歴代の中でも一番シュートが上手い選手だと思います。

シュートチェックをされていても全く関係ないんじゃないかと錯覚してしまいます。

常に相手とじゃなくて、自分との戦いを試合中にしているように見えました。

修行僧にたとえられるのもわかる気がします。

あと、ドライブへの合わせもうまくて秀逸です。

第3位 斎藤拓実(滋賀レイクスターズ)

第3位は滋賀の斉藤選手。

今シーズンアルバルク東京から出場機会を求めてシェーファーとともにレンタル移籍で滋賀にきた斉藤選手。

わたしは常々選手は試合に出てなんぼと言っていますが、

斉藤選手は成功例のひとつでしょう。

スタッツはこんな感じ。

平均得点 12.8点

スリーポイント 42.1%

FG 48.9%

フリースロー 85.9%

アシスト 5.5本

シュート入るわ、アシスト上手いは、ハンドリングが神レベルだわ、本当とてつもなくいいガードです。

アルバルクで斉藤をベンチに貼り付けにさせていた、安藤と小島は恐ろしいですね。それでも斉藤の方がいいように見えるんだけどな。

来シーズンにでもアルバルクに戻ってスタメンになっている姿を見たいものです。

コメント