Bリーグのアシスト王は富樫ゆうき選手だけど、何だか納得いかない理由

Bリーグ

Bリーグの2019年シーズンが新型コロナウィルスの影響で途中で打ち切りとなり仕方がないとはいえ、本当に残念なシーズンになってしまいました。

そんなさなかBリーグから今期のスタッツリーダーが発表されたではありませんか!

正直、アシスト王が富樫選手になったことは納得いかない。ルール上は仕方ないけど、だったら来年からルール変えて欲しい!

2019年シーズンの各スタッツリーダー(B1)

B1/部門受賞選手No.所属クラブ平均(Avg.)/%受賞歴
得点王ダバンテ・ガードナー54シーホース三河23.43年連続3回目
アシスト王富樫 勇樹2千葉ジェッツ6.5初受賞
リバウンド王ジャック・クーリー45琉球ゴールデンキングス13.3初受賞
スティール王ベンドラメ 礼生9サンロッカーズ渋谷1.8初受賞
ブロック王ジョーダン・ヒース35川崎ブレイブサンダース1.5初受賞
ベスト3P成功率賞松井 啓十郎16京都ハンナリーズ47.2%初受賞
ベストFT成功率賞金丸 晃輔14シーホース三河97.4%4年連続4回目

スタッツリーダーを見た感想

ふむふむ

京都ハンナリーズブースターのわたくし、

なんと、KJこと松井の啓十郎選手が3ポイント王になっているではないですか?

47.2%は本当に驚異的な数字です。

おめでとうございます!!!

金丸選手のフリースロー成功率相変わらずえぐいのにも正直ひいちゃってますが、、、

ちなみに元京都ハンナリーズのわれらがケビンコッツァーがB2のリバウンド王に!平均15ってやばすぎやろ!コッツ!すげーなコッツ!と大興奮ではあるんですけど、

あれ、なんか違和感がする・・・・

アシスト王 富樫?

とがしゆうき?

そうです!昨年のアシスト王われらがジュリアンマブンガが2年連続のアシスト王になるはずが、富樫選手に奪われる形になってしまいました。

本当、残念だジュリアン!

おめでとう富樫選手!

と言いたいところではあるけど、

以下ジュリアンのツイッターでの反応

めっちゃ怒ってるやん!

なんでか見てみると

ジュリアン平均アシスト8.7本:富樫6.5本

ジュリアンアシスト総数296本:富樫259本

いやいや、平均アシスト数も総数も全然ジュリアンが勝ってるやん!ってことがわかりなんでジュリアンが怒ってるのかわかりました。

どうやら富樫選手がアシスト王になったのは、MVPとは違って忖度ではなくルール上85%以上の試合出場の選手が対象らしくジュリアンは1試合足りなかったのだとか。

ルールはルールだけど、選手は命を削ってプレーしている

ジュリアンはツイッターで怒りをあらわにしているけど、それに対してルールはルールって言う人もいる。

記録に残るのは富樫選手だけど、記憶はジュリアンがアシスト王だよって励ます人もいる。でもでも選手生命って本当に短いんだよ。

1年1年命を削って選手は真剣にプレーしてくれている。

少なくとも今回のアシストに関しては、平均数だけならまだしも総数も上まっているジュリアンがルールによって獲れたはずのタイトルを獲り逃した。

自分が京都ブースターだからこそ感じる感情だとは思うんだけど、誰もが納得できて、頑張った選手が報われる形のルールにしてほしいと思う。

少なくとも現行のスタッツリーダーのルールにおいては、出場試合数が少ないという理由によって、アシスト王として表彰される選手よりもアシスト総数が多いジュリアンが表彰の対象外となっている、おかしな状態が生まれてしまった。

はじめからこのような事態を想定するのは無理だろうけど、実際起きてしまった。これをきっかけに改めてスタッツリーダーの決め方を考えて欲しい。

プレー以外の理由で優秀な外国人選手が日本を離れることがない様に、配慮願いたい!

Bリーグ、頼むよ!

コメント