BリーグのMVPは本当にこれでいいのか?

Bリーグ

憎き新型コロナウィルス(COVID19)のおかげで

私の人生の楽しみバスケットボールが奪われて何ヶ月がすぎたろう?

結局Bリーグも2019〜2020シーズンが終了してしまった。

ちょっと前にこのシーズンのMVPがアルバルク東京の田中大貴選手に決まったというニュースを見たんですが・・・

確かに田中選手はいい選手です。

最高勝率のアルバルクから選ばれるということも何となく理解はできる。

だけどもです。

だけどもなんです。

これBリーグブースターで納得している人、一体何割くらいいるんだろう?

正直、私は全然納得いっていない。

そもそも過去のMVP受賞者もファジーカス以外は納得いってない。

今シーズンのMVPは田中選手じゃなく、誰なのか?

2019シーズンはウィルスで途中で中断となり、消化不良の中でMVPが田中選手になったのですが、田中選手の成績ってどうだったんでしょうか?

平均得点11.1得点

平均アシスト4.8

平均スティール1.6

フィルドゴール%  47%

3% 39.4%

う〜ん、スティールとかは多くて、それだけではないディフェンス力の高さという点では評価できる選手なんですが。

アルバルクでは中心選手のひとりで絶対的な存在感はある。

でも数字的に見劣りしません?

最高勝率のチームから選ばなければいけない訳ではないと思うんですけど、仮にそうだとしてアルバルクのチームメート、大黒柱のアレックスカーク選手のスタッツを見てみましょう

平均得点18.2得点

平均アシスト1.5

平均リバウンド9.9

フィルドゴール%  58.5%

これ、数字だけみたとしてどっちのがすごい選手か分かります?

当然後者でしょ!?

どう考えてもアレックスカークが抜ける方がチームとしては痛いっすよ。

カーク選手じゃなくて、田中選手がMVPになった理由は日本人であるからという理由以外に考えられないのです。

思えば、昨年は富樫選手、そしてその前は比江島選手がMVPでしたがおんなじように平均10点をちょっと超えてるくらいで、同一チームに明らかに当該選手より活躍する外国籍選手が在籍していたんですよね。

わが京都ハンナリーズで例えると

今回のMVP、例えばわがいとしの京都ハンナリーズが最高勝率だったとして、めちゃくちゃ無双しているサイモンとマブンガをおさえて、松井啓十郎選手がMVPってことでしょ?

たしかに松井選手の活躍はすさまじかったですが、サイモンとマブンガと比べると見劣りはどうしてもする。ブースターが納得できる結果なんでしょうか?

あくまで成績で判断してほしい

外国籍選手にも正当な評価を

ひとつの考え方として、Bリーグは日本のリーグなので、できる限り日本人選手に活躍してほしい気持ちはわかります。でもいまのBリーグをやっていく上で外国籍選手の派手でレベルの高いプレーは必ず必要だと思います。

そんな中で、明らかにBリーグのMVPの選考基準は日本人選手優遇になっていて、公平性にかけると思います。

限られた競技人生の中、日本でのプレーを選び、選手生命を削ってプレーしてくれてるんです。別に日本人がとればいいよね?なんて、全く思えないとおもうんです。取れるタイトルは取りたい。

一流の選手であれば、あるほど、いい成績を残すこと、そしてそれに見合う評価をされることを求めるはず。自分の方が活躍していて、いいバスケットボールプレーヤーなのに、日本人じゃないってだけでMVPから外される。気持ちのいいものではないですよ。

簡単に毎試合30点以上とってくるガードナーが、田中選手に対して「君はBリーグで、ベストプレーヤーだ。」って思えると思うかな?

うちのトリプルダブル製造機のマブンガや得点をいとも簡単にとる男デイビッドサイモンより、平均得点11点台の田中大貴選手の方が優れたバスケットボールプレーヤーなのか?

ぜひ、来シーズンからは最高勝率のチームで一番いい日本人選手からMVPを選出するのではなく、Bリーグの中でその年最も平均していいプレーヤーにMVPの称号が与えられることを切に願います。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         

コメント