京都ハンナリーズ 新たに獲得したライス選手について

Bリーグ

攻撃的なガードタイプの選手であるレイヴォンテ・ライス選手を新たに獲得したハンナリーズ。現在Bリーグ各チームの外国籍選手の主流は、とにかくインサイドに強い選手たちが多いように思います。純粋なガードタイプで言うと、Bリーグ開幕年度のアルバルク東京にいたギャレット選手くらいじゃないでしょうか?

ライス選手はどこまで活躍できるか?

アルバルクのギャレット選手はスラッシャータイプでトップでボールを持って中にペネトレイトして、できればレイアップで点を決めるかアシストみたいなプレースタイルでした。

一方、ライス選手は、ハイライト映像を見る限り、跳躍力は高くて余裕でダンクできるわ、スリーポイントラインからかなり離れた位置からもスリーをばんばん打つわ、ドリブルからストップしてからのシュートが結構上手いわ、攻撃力が総合的に高めの選手とお見受けしました。

バスケはひとりでやるスポーツではないですが、日本人のガードタイプの選手と対峙した時に果たして彼を止めれる選手はいるだろうか?宇都宮の遠藤選手くらいか?

でも、結構離れた位置からスリーが打てるから離してマーク出来ないし、結構守るのきついように感じるんですよね。

本当、今までBリーグはファジーカスしかり、ガードナーしかり、インサイドの外国籍選手が席巻をしてきているので、ガードタイプでバンバン点が取れる選手は新鮮です。

現代NBAでは、シャックなき今、カリーやハーデンを筆頭にスリーポイントを主体とするアウトサイドの選手にスーパースターが集中しています。

バスケをひとつのエンターテイメントとして捉えると、インサイドの攻防より、断然アウトサイドの攻防の方がかっこいいし、見応えがあるんですよね。

ハンナリーズの試合が一気に楽しみになってきました。

活躍するためのポイント

ライス選手が今シーズン活躍するために必要なことは、周りの選手がいかに相手チームに脅威を与えられるかにかかっています。サイモンが活躍することは、目に見えて分かっているので、それ以外の日本人選手たちのふんばりどころです。ライス選手が出る場合、彼にボールを託す時間が多くなると思いますが、他の選手についているマークマンがヘルプにいくことに躊躇いを感じるほど、フリーにしたら簡単に決められちゃうと思わせるようなスリーポイントシューターを同じタイミングで使うべきだと思います。

なので、寺嶋選手と共存というよりは、ライス選手が出る場合、攻撃のときの布陣はこんな感じがベストじゃないでしょうか?

1番 ライス

2番 大庭 か 久保田

3番 kj

4番 永吉

5番 サイモン

やっぱり、ライス選手にはトップの位置からの仕掛けをして欲しい。

4番ポジションは、うっちーでもいいかとは思うのですが、そうなるとインサイドのディフェンスがきついので、ディフェンスのことを考えるとよっさんかなと。よっさんもスリーは一応入りますからね。正直スリー打てない選手はいないです。サイモン含めて全員スリー打てます。

kjはフリーにしたら半分以上決めることはわかっているので、ポイントは大庭選手や久保田選手、そしてここに会田選手や細川選手も加わってきて欲しいですが、kj以外のシューターの覚醒が待たれます。誰かひとりでいい。てかあと2人でも覚醒した日にゃ、最高ですよ。

シューターが増えるとそれだけ、インサイドのスペースが広がります。もちろんサイモンが気持ちよくプレーできるだろうし、ライス選手のペネトレイトからの得点も増えるでしょう。

日本人のラインナップ的にどんどん人を交代していって、秋田や渋谷のように前からプレッシャーをかけるディフェンスをしかけていくとともに、攻撃はバンバン外から仕掛け、中でサイモンが無双する状態が作れれば、まず西地区優勝はいけるでしょうと、いちブースターの完全主観の目線から見ると確信をすでにしちゃいました。

ふたを開けてみないとわかりませんが、いつの日かハンナリーズがトップに立つことを夢見て今後も応援していきたいと思います。

コメント