京都ハンナリーズvs琉球ゴールデンキングス戦(12月21日:土)感想

Bリーグ観戦記

結果としては11連敗、だけど希望は感じる

10連敗で迎えた琉球戦。琉球のホームは、いつも満員。演出もかっこよくていつか行ってみたい場所です。

試合結果は、78−99で琉球に敗戦となりました。

デイビッドサイモンが戻ってきたことは大きい

試合は負けましたが、明るい材料がありました。サイモンがついにというか、12月8日以来の出場なので2週間も休んでないのですが、気持ちとしてはついに戻ってきてくれたという感じがします。

復帰明けでいきなり35点。フィルドゴールパーセンテージも約70%と高確率でシュートを沈め続けてくれました。

サイモンがいなかった直近3試合はいづれも70点以上得点がとれていなかったので、久しぶりの70点以上がとれたのは、いかに京都がサイモンの得点に依存しているかということが分かります。休息がとれたことにより、状態は間違いなくよくなってました。年齢も高いですし、適度に外国籍選手3人をローテーションさせていくべきではないかと思います。

第4Q残り4分で2得点じゃ勝てない

前半は、6点勝ち越して折り返すなど、マブンガ・サイモンを中心にいい攻めは出来ていました。そういう意味では連敗ストップも近くなってきているのだとは、思います。

昨シーズンまでは4Qまで接戦の状態で入れば、勝負づよさがあって勝ち切れるイメージがあったのですが、今シーズンは勝ち切れないことが多いと感じます。

残り4分から村上の2ポイントだけというのでは勝てるものも勝てないですよね。シュートはみずものですし、今日は割り切らないといけないのだと思います。

まとめ:明日は勝てる、いや勝つ

サイモンも戻ってきて、チームとして安定はしてくると思います。

最近マブンガの状態があまりよくは見えないので、ジェシー、サイモンのコンビでガードは綿貫を多めに使って試合を安定させるってのもありなのかなと思いました。

とにかくハンナリーズブースターとしてはつらい時期が続きますが、こんな時こそブースターの真価が試される時。負け続けても、いい試合が見れなくても、それでもなおハンナリーズが好きだし、応援したい。でもそろそろ勝ってる姿をみたい。ここからの巻き返し、期待しています。

GO!京都!ハンナリーズ!!!!

コメント